コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

calorique calorique

世界大百科事典内のcaloriqueの言及

【熱】より

…もしそうなら熱を何か物質的なものと考えるのが自然である。ブラックも一種の流体ではないかという考えを述べたが,ラボアジエは89年に発表した《化学要綱》の中で,熱の本性は熱素caloriqueという一種の元素であるとはっきり熱素説を主張した。それによると熱素はきわめて流動的な物質で物体中を自由に出入りし,分子間の距離を広げる役をする。…

【熱素説】より

…この点を明確にしたのはフロギストン説を批判したA.L.ラボアジエであった。 ラボアジエは1789年の《化学要綱》で〈熱素calorique(フランス語)〉を一つの元素とみなし,それが一定の熱量を担い,物質と結合し(潜熱),あるいは独自には熱として現れると考えた。こうした熱素は,熱機関の理論などの展開のなかで,一種の流体としてもとらえられた。…

※「calorique」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone