cermet

翻訳|cermet

世界大百科事典内のcermetの言及

【サーメット】より

…セラミックスと金属との複合材料で,セラミックスceramicsのcerと金属metalのmetとの複合語である。セラミックスの硬さ,耐熱性と金属の靱性(じんせい)という長所を組み合わせることを目的として作られたもので,元来は第2次大戦後ジェット機のタービン翼用に試みられた。現在は耐熱材料としてだけでなく,工具,耐食,耐摩耗,電気接点などを目的とした使い方がされている。セラミックスの種類によって酸化物サーメット,炭化物サーメット,ホウ化物サーメット,窒化物サーメットなどと分類される。…

【チタンカーバイド】より

…金属の酸化物や炭化物などをコバルトCo,ニッケルNiなどで結合した焼結体を一般にサーメットと呼ぶが,日本の工具関係者では,サーメット工具といえばこのTiC基の工具を指す。なおサーメットcermetとは,セラミックスceramicsと金属metalの英語から合成した語である。TiCはタングステンカーバイドWCに比べて硬度・融点が高く,耐酸化性・耐溶着性に優れ,鉄との摩擦係数も低い。…

※「cermet」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android