コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超硬合金 ちょうこうごうきん cemented carbide alloy

7件 の用語解説(超硬合金の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超硬合金
ちょうこうごうきん
cemented carbide alloy

主として切削工具に用いられる硬質材料。標記の英語は「固結炭化物合金」の意味で,もともとはタングステン炭化物の粉末をコバルトを固結材として焼結した一種のサーメットである。日本では WC-Co 系合金 (炭化物) でなくてもおよそロックウェル硬さ HRA85 (ビッカース硬さ HV 約 900 相当) 以上のものを含めていう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

超硬合金

焼結複合材料の一種。タングステンの炭化物など、硬度の高い素材の粉末を鉄、コバルト、ニッケルなどの鉄属金属と焼結したもの。耐摩耗工具、切削工具、耐衝撃工具などのほか、ボールペンボールなどにも使用。サーメットは、タングステン以外の金属の炭化物や窒化物、ホウ化物が添加される場合もある。

(徳田昌則 東北大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょうこう‐ごうきん〔テウカウガフキン〕【超硬合金】

タングステンなどの炭化物の粉末を、鉄・コバルトニッケルなどの金属粉を結合剤として高温で焼結した硬度の高い合金。ガスタービン・切削工具などに使用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

超硬合金【ちょうこうごうきん】

チタン,タングステンなどの遷移金属遷移元素)の炭化物粉末と,鉄,コバルトなどの鉄属金属の粉末を混合,加圧成形ののち焼結した合金。多くの組合せがあるが,ふつうは炭化タングステン―コバルト系のものを超硬合金といっている。
→関連項目ウィディアセラミック工具

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうこうごうきん【超硬合金 hardmetal】

元素周期表の第IV,V,VI族の遷移金属(Ti,V,Cr,Zr,Nb,Mo,Hf,Ta,W)の炭化物粉末を,鉄族金属(Fe,Co,Ni)の粉末とともに焼結して得られる複合合金。したがって多くの組合せが考えられるが,なかでも,室温から高温における機械的性質がとくに優れているのはWC‐Co系合金(WC‐Co,WC‐TiC‐TaC‐Co)であり,超硬合金といえば,普通はこの系の合金をさす。超硬合金は,炭化物の特性を反映して高硬度であるとともに,結合金属の特性も反映してかなりの強靱(きようじん)性をも兼備している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちょうこうごうきん【超硬合金】

金属炭化物粉末と金属粉末を焼結して作った高硬度の合金。タングステン・チタン・コバルトなどを含む。切削工具などに使われる。 → タンガロイ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

超硬合金
ちょうこうごうきん
cemented carbide

高融点炭化物の粉末を体積比で10~30%のコバルト、ニッケルで焼結した、鋼では得られない高い硬さをもつ合金。切削用、線引ダイス、各種耐摩耗工具に用いられるので超硬工具ともいう。最初に開発された超硬合金は炭化タングステンWCをコバルトで焼結したものであった。現在はこのほかに炭化タンタルTaCなど炭化タングステン以外の高融点炭化物、窒化物を添加した合金が数多く開発されている。炭化物粉末を鉄で焼結した超硬合金をフェロチックという。炭化チタンとニッケルが主成分の超硬合金は超硬工具としても使用されているが、ほかの超硬合金と比べて比重が小さいので、航空機やタービンなどの耐熱材料として使用され、一般にはサーメットcermetとよばれている。[須藤 一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

超硬合金の関連キーワードジルコニウム遷移元素テルルモリブデンルテニウム元素周期律元素周期表遷移金属斜方向類似則対角関係

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

超硬合金の関連情報