コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

clausula clausula

世界大百科事典内のclausulaの言及

【モテット】より

…オルガヌムとはグレゴリオ聖歌の旋律に対して別の旋律を付け加える作曲技法を総称し,9世紀半ばころに始まった最初の形はなお稚拙であった。しかし,12世紀末から13世紀にかけてパリのノートル・ダム楽派の時代に入ると,グレゴリオ聖歌の旋律の一部分を拡大したものを定旋律とし,その上に装飾的旋律を重ねる技法が用いられるようになり,これをクラウスラclausula(ラテン語)と呼んだ。クラウスラにおける装飾的な対位旋律は,母韻唱法によることが多かったが,歌いやすくするために,それに独立した宗教的歌詞をシラビックに当てはめることも行われた。…

※「clausula」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

clausulaの関連キーワードノートル・ダム楽派事情変更の原則

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android