コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

confédération nacional de trabajo confederationnacionaldetrabajo

世界大百科事典内のconfédération nacional de trabajoの言及

【サンディカリスム】より

…1889年の第二インターナショナルの成立は,アナーキズムの没落的傾向を促進させたが,20世紀初頭フランスから導入されたサンディカリスムは,アナーキズムの運動に新局面を開き,〈アナルコ・サンディカリズム〉として再生した。1911年には全国労働者連合confédération nacional de trabajo(CNT)が結成され,19年にはその加盟人数は約71万人にも達した。 アメリカにおけるIWW(世界産業労働者)の運動も本来土着的な運動が思想的表現を借用したものである。…

※「confédération nacional de trabajo」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

confédération nacional de trabajoの関連キーワードCFDTCGTCGT‐FOCFDTCGTスイスシサックスイスフランス民主労働組合連盟フランス労働総同盟