コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

engineer engineer

翻訳|engineer

世界大百科事典内のengineerの言及

【技術】より

…技術をどう定義するかをめぐって,かつて日本では有名な論争が展開された。この技術論論争は,〈技術は労働手段の体系である〉とする労働手段体系説と,〈技術は人間実践(生産的実践)における客観的法則性の意識的適用である〉とする意識的適用説との間で争われた。前者の概念規定を提唱したのは,1930年代の唯物論研究会で,相川春喜,戸坂潤,岡邦雄らがその代表的論客であった。後者の創始者は物理学者の武谷三男であり,太平洋戦争敗戦直後に,この学説が広く知られるようになった。…

※「engineer」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

engineerの関連キーワード日本エンヂニヤー・サービスリングワールドふたたび基本情報技術者試験応用情報技術者試験ライフサポート学会インフラエンジニアマンハッタン計画ソフトウエア工学大宇宙の守護者森林利用学会MUSESCMUSESBMUSESAオペレーターSELENEE.B.S.臨床工学技士OICETS生態工学会WINDS

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

engineerの関連情報