コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

general recursive function generalrecursivefunction

世界大百科事典内のgeneral recursive functionの言及

【帰納的関数】より

…次に,μyR(*,y)は,命題R(*,y)が成り立つようなyが存在するときそのようなyの最小数を値とし,そうでないときは値が定まらないものと規約する。関数f(x1,……,xn)が上の(1)~(5)および, f(x1,……,xn)=μy[g(x1,……,xn,y)=0]  ……(6)  (ここで,gはすでに与えられた関数で,すべ ての自然数の組x1,……,xnに対して,つねに g(x1,……,xn,y)=0を満たすようなyが存 在するものとする)を有限回適用して得られるとき,一般帰納的関数general recursive functionという。このような定式化および帰納的関数の理論recursion theoryの発展にはクリーネS.C.Kleeneの寄与に大きく負うている。…

※「general recursive function」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

general recursive functionの関連キーワード帰納的関数DVD-R for GeneralGRE(R)再帰プログラム再帰呼出し高等教育の国際化サービス貿易IMF融資制度欧州中央銀行ECB

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone