コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帰納的関数 きのうてきかんすう

世界大百科事典 第2版の解説

きのうてきかんすう【帰納的関数】

〈実際effectiveに計算可能な関数〉に関する数学的概念であるリカーシブ関数recursive functionに対して,日本で定着している術語。1931年,K.ゲーデルが原始帰納的関数として初めて定式化し,これを用いて不完全性定理の証明を得た。自然数{0,1,2,……}の上で定義され,自然数を値とする関数f(x1,……,xn)が, f(x)=x+1  ……(1)  f(x1,……,xn)=q (qは定数)  ……(2)  f(x1,……,xn)=xi (1≦in)  ……(3)  f(x1,……,xn)=g(h1(x1,……,xn),……,  hm(x1,……,xn))  ……(4)  (ここで,gm変数の関数で,g,h1,……,  hmはすでに与えられた関数) (ここで,g,hはすでに与えられた関数で,  n=1のときg( )は定数を表すものとする)を有限回適用して定義されるとき,原始帰納的関数primitive recursive functionという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の帰納的関数の言及

【計算モデル】より

… RAMより計算できる関数と,チューリング機械によって計算できる関数と,ラムダ計算で計算できる関数はすべて同じであることを示すことができる。また,これは帰納的関数として定義できる関数であることを証明することができる。これらのことから,コンピューターにおいて計算するアルゴリズムが存在するという直観的な概念を,これらの計算モデルで計算できることとして定義してよいことがわかる。…

※「帰納的関数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

帰納的関数の関連キーワードテューリング機械テューリング数学基礎論チャーチ整数論

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android