ion-exchange chromatography(英語表記)ionexchangechromatography

世界大百科事典内のion-exchange chromatographyの言及

【クロマトグラフィー】より

…図5にオクタデシルシラン結合シリカ固定相を使ったアデニン核酸類の分離例を示す。 陰イオン交換体あるいは陽イオン交換体を固定相とするイオン交換クロマトグラフィーion‐exchange chromatographyは金属イオン,有機物イオンなど,水中にイオンとして存在する成分の分離,定量に用いられる。この手法を用いたアミノ酸分析計の歴史は長く,自動分析装置が市販されている。…

※「ion-exchange chromatography」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android