コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

juvenile-type diabetes juveniletypediabetes

世界大百科事典内のjuvenile-type diabetesの言及

【小児糖尿病】より

インシュリンは膵臓のランゲルハンス島β細胞から分泌されるホルモンで,血液中のブドウ糖(血糖)の肝臓・筋肉組織等への取込み・貯蔵,およびエネルギー源としての利用(解糖)を促進する作用をもつ。成人型糖尿病adult‐type diabetes(インシュリン非依存型糖尿病non‐insulin dependent diabetes mellitus:NIDDM)が,インシュリンの相対的不足(肥満によるインシュリン感受性の低下によるインシュリン必要量の増大など)であるのに対し,若年型糖尿病juvenile‐type diabetes(インシュリン依存型糖尿病insulin dependent diabetes mellitus:IDDM)はβ細胞の障害によるインシュリンの絶対的欠乏である。WHO勧告では,15歳以前に発症する糖尿病をすべて小児糖尿病という。…

※「juvenile-type diabetes」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

juvenile-type diabetesの関連キーワードPCMCIA Type少年文学PostScript Type 1ソレアイト質マグマ型橄欖石玄武岩マグマ型台地マグマ型コンパクトカセット小児糖尿病鈴木祥二郎PCMCIAカード

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android