コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

lateri(ti)zation laterization

世界大百科事典内のlateri(ti)zationの言及

【ラテライト】より

…このようなラテライトの概念の変遷と関連して,ラテライト化作用やラテライト性土壌の意味内容も変化している。
[ラテライト化作用laterization(lateritization)]
 基礎的土壌生成作用の一つで,最初はハラソビッチH.Harasovizにより,アリット化作用とよばれた(1930)。湿潤熱帯気候下では生物の活発な活動により有機物が急速に分解され,ケイ酸塩鉱物は激しく風化を受けて塩基を急速に放出する。…

※「lateri(ti)zation」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android