コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

lavis lavis

世界大百科事典内のlavisの言及

【水彩】より

…しかし,しばしばペン・デッサンと併用した彼のビスターには水彩に近い新鮮でデリケートな味わいがある。同時代のフランスの風景画家クロード・ロランもしばしばビスターでスケッチしているが,これらは通常以上に薄めた顔料を用いて透明感を強調しており,その淡い独特の効果により〈淡彩wash,lavis(フランス語)〉と呼ばれ,この後も水彩の技法の一つとしてしばしば用いられている。 18世紀のフランス・ロココの画家ではフラゴナール,ロベールなどがすぐれた水彩を残しているが,ワトー,ブーシェは水彩には手をそめなかった。…

※「lavis」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

lavisの関連キーワードエンドスモティック変成作用エキソスモティック変成作用フラキウス・イリリクスチョウチョウウオアクリーションパン皮状火山弾クラビコードコンクラーベオートレッドパン皮状構造本質放出物クラビーア珍品角礫岩外来放出物岩滓質浮石コリアー副放出物浸透仮説逆反応放出物

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android