コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外来放出物 がいらいほうしゅつぶつaccidental ejecta

岩石学辞典の解説

外来放出物

噴火の際に火口を通って放出された火山砕屑岩の構成物で,その火山とは同源でない火山岩あるいはほかの火成岩,変成岩,堆積岩に由来する物質に用いる語.この語はラクロアの(materiaux enalogenes)あるいはウォルフの他生放出物(allothigenous ejecta)と同じ意味である[Johnston-Lavis : 1885].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

外来放出物の関連キーワード自生放出物偶然放出物

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android