コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放出物 ほうしゅつぶつexhalation

翻訳|exhalation

岩石学辞典の解説

放出物

噴気

放出物

火口から放出された火山砕屑物の一般的な名称で,様々なものが含まれる.(1) 同源(cognate)または本質同源(essential cognate)は,新鮮なマグマまたは熔岩が爆発で分解したものである.ウォルフはjuvenile authigenousといい,ラクロアは噴出して白熱しているものをneogene,噴出してすでに冷却したものをmetageneといった.(2) 類質同源(accessory cognate)は,同じ火山活動の古い熔岩や火山砕屑物をいう.ウォルフのresurgent authigenousに,ラクロアのpaleogeneに相当する.(3) 深成同源(plutonic cognate)は,成因的に関係があると考えられる熔岩が深部で結晶作用を行ない粗粒の岩石となったものである.ワシントンのsubvolcanic,ラクロアのhomeogeneと同じ意味である.(4) 外来(accidental)は,形成された火口を通って既存の母岩がでてきたものをいう.ウォルフのallothigenousに,ラクロアのenalogeneに相当する.(Johnston-Lavis : 1885-1886, Wolff : 1914, Lacroix : 1931, Tyrrell : 1931, Washington : 1927, Blyth : 1940]

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

放出物の関連キーワードサント=クレール=ドヴィーユの法則ピルハイドロジェニック噴気孔ガス組成の法則ホモエオジン放出物準火山性放出物ハワイ型火山弾深成同源放出物地下源放出物高温交代作用外来放出物ボム・サグ火山砕屑丘火山砕屑岩ルドイヒ石火山灰土壌岩滓質浮石他生放出物本質放出物火山噴出物類質放出物

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放出物の関連情報