コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放出物 ほうしゅつぶつ exhalation

翻訳|exhalation

2件 の用語解説(放出物の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

放出物

噴気

放出物

火口から放出された火山砕屑物の一般的な名称で,様々なものが含まれる.(1) 同源(cognate)または本質同源(essential cognate)は,新鮮なマグマまたは熔岩が爆発で分解したものである.ウォルフはjuvenile authigenousといい,ラクロアは噴出して白熱しているものをneogene,噴出してすでに冷却したものをmetageneといった.(2) 類質同源(accessory cognate)は,同じ火山活動の古い熔岩や火山砕屑物をいう.ウォルフのresurgent authigenousに,ラクロアのpaleogeneに相当する.(3) 深成同源(plutonic cognate)は,成因的に関係があると考えられる熔岩が深部で結晶作用を行ない粗粒の岩石となったものである.ワシントンのsubvolcanic,ラクロアのhomeogeneと同じ意味である.(4) 外来(accidental)は,形成された火口を通って既存の母岩がでてきたものをいう.ウォルフのallothigenousに,ラクロアのenalogeneに相当する.(Johnston-Lavis : 1885-1886, Wolff : 1914, Lacroix : 1931, Tyrrell : 1931, Washington : 1927, Blyth : 1940]

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

放出物の関連キーワード火山砕屑物火砕丘噴出火山岩塊層灰岩火山放出物白熱雪崩降下火山砕屑物単源火山砕屑物破砕岩質火山砕屑物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

放出物の関連情報