コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

masurium masurium

世界大百科事典内のmasuriumの言及

【テクネチウム】より

…〈人工の〉を意味するギリシア語technētosに因んで命名された。1925年にドイツのノダックW.K.F.NoddackとタッケI.E.Tackeが白金鉱あるいはコロンバイトから75番元素レニウムとともに43番元素を発見したとし,マスリウムmasuriumと名づけたが,他の研究者からは確認されず,その存在は否定された。同位体中でとくに長寿命のものは98Tc(半減期4.2×106年),97Tc(2.6×106年),99Tc(2.14×105年)であり,この程度の半減期では,地球ができたときにテクネチウムが存在していたとしても,現在まで残っているとは考えられない。…

※「masurium」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android