コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

miri miri

世界大百科事典内のmiriの言及

【オスマン帝国】より

…また,エヤーレトと中央政府との関係は全国一律ではなく,基本的には,ティマール制が適用されて中央政府の直接支配を受けた地域(アナトリア,バルカン,歴史的シリアの一部)と,エジプト,メソポタミア,アラビア半島,北アフリカのようにベイレルベイ,カプダン・パシャ(提督)あるいは土着の支配者(メッカのシャリーフ,東部アナトリアのトルコ系・クルド系遊牧民族長,ワラキア・モルドバの君侯など)を通じて,貢納金を支払うなどの間接的支配を受けるにとどまり,既存の社会組織をそのまま維持した地域とに分けられる。ティマール制のもとでは土地はすべて国有地(ミーリーmiri)とされ,軍事封土の保有者シパーヒーによる農民支配は,カーヌーンによって細かく規定されていた。また,非ムスリム諸民族の場合は,それぞれが属する宗教的共同体(ギリシア正教会,セルビア教会,ブルガリア教会,アルメニア教会,ユダヤ教会など)ごとの内部自治を認められた(ミッレト制)。…

※「miri」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

miriの関連キーワードミストラル(Frédéric Mistral)リチャード ベーア・ホフマンメクラカメムシ(盲亀虫)リスザル(栗鼠猿)ジミー ミリキタニリロイ ジョーンズミリアム マケバミリアム・マケバ慣性モーメントミリマ国立公園ルワンダ内戦ベラフォンテギリシア音楽ハナカメムシイリドスミンジョーンズ藤田みりあ寺西エミリ愛沢えみり小崎愛美理

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

miriの関連情報