コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

musica musica

世界大百科事典内のmusicaの言及

【音楽】より

…しかし,西欧の〈音楽〉に関する概念にもそれなりの変遷があった。英語のミュージックmusic,ドイツ語のムジークMusik,フランス語のミュジックmusique,イタリア語のムージカmusicaなどの語の共通の語源とされるのは,ギリシア語の〈ムシケmousikē〉であるが,それはそもそも〈ムーサMousa〉(英語でミューズMuse)として知られる女神たちのつかさどる技芸を意味し,その中には狭義の音芸術のほか,朗誦されるものとしての詩の芸術,舞踊など,リズムによって統合される各種の時間芸術が包含されていた。このように包括的な〈音楽〉の概念は,ヨーロッパ中世においては崩壊し,それに代わって思弁的な学として〈自由七科septem artes liberales〉の中に位置づけられる〈音楽〉と演奏行為を前提として実際に鳴り響く実践的な〈音楽〉の概念が生まれたが,後者は中世からルネサンスにかけてのポリフォニー音楽の発展につれて,しだいにリズム理論,音程理論などを内部に含む精緻な音の構築物へと進化した。…

※「musica」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

musicaの関連キーワードモンポウ:ひそやかな音楽 第4巻/piano soloモンポウ:ひそやかな音楽 第2巻/piano soloモンポウ:ひそやかな音楽 第3巻/piano soloモンポウ:ひそやかな音楽 第1巻/piano soloドゥシェク:ソナタ(14曲)/piano soloリーガリー・ブロンド・ザ・ミュージカルマチルダ・ザ・ミュージカル中世ヨーロッパの音楽ミュージカル映画インストルメント牝牛は鈴を鳴らすアルガロッティヤン アペリマルティーニフォルトナーフクバルト兼田いぶきボエチウス赤峰裕之MIDI

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

musicaの関連情報