コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

quô'c ngũ' quocngu

世界大百科事典内のquô'c ngũ'の言及

【チュノム】より

…チュノムによるベトナム文学の記録は14世紀ころからといわれるが,今日伝わる著名な文学作品の多くは18~19世紀のものである。20世紀に入るとクォク・グゥquô’c ngũ’と呼ばれるローマ字表記法が国字として普及して,今日ではチュノムは通用しておらず,古典文学もこのローマ字正書法による転写で伝えられ読まれている。【三根谷 徹】。…

【ベトナム語】より

…14~15世紀の頃から,ベトナム語を表記するためにチュノムと呼ばれる文字が漢字(チュ・ニョ〈儒〉の字)から造られて,ベトナム語による長編の物語詩などが書かれ伝えられたが,20世紀に入るとローマ字の普及によりその文字はしだいに用いられなくなった。今日のベトナム語を表記する文字は〈クォク・グゥquô’c ngũ’〉(漢字〈国語〉の字音をあてたもの)と呼ばれるローマ字正書法である。共通語としての文字言語は,主として北部方言を基盤として成立したが,ローマ字で書かれながら,その読みは各地の方言で固有の読み方が行われている。…

※「quô'c ngũ'」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android