コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

robinson robinson

翻訳|robinson

世界大百科事典内のrobinsonの言及

【ロビンソン・クルーソー】より

…イギリスの小説家D.デフォーの小説。1719年刊。正式タイトル《ロビンソン・クルーソーの生涯と奇しくも驚くべき冒険The Life and Strange Surprising Adventures of Robinson Crusoe》。その写実的手法のゆえに近代イギリス小説の原点と評される。17~18世紀に流行した多くの航海記や,チリ沖のフアン・フェルナンデス諸島に漂着し,5年間孤島生活を送ったというアレクサンダー・セルカークなる人物の実話に刺激されて作られた。…

※「robinson」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

robinsonの関連キーワードエクトダイナモモルフィック土壌エンドダイナモモルフィック土壌ヘテロクロノジェニック土壌ハイパーハイグリック土壌モノクロノジェニック土壌ロビンソン・クルーソーロビンソン・クルーソーピーター ロビンソンロビンソン一家漂流記ロビンソンクルーソーミセス・ロビンソングライポドゾル土壌オートモルフィックソロティゼーションソロニゼーションロビンソン風速計ジム ロビンソンアルカリ性土壌黒色ターフ土壌エンテロリス

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

robinsonの関連情報