コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

serous inflammation(英語表記)serousinflammation

世界大百科事典内のserous inflammationの言及

【炎症】より

…また炎症病巣の病理組織学的な分類では次のものがある。(1)漿液性炎serous inflammation 主として皮膚の疱疹にみられるように,液性物質のみの滲出が主体となるもので,通常跡も残さず治癒してしまう。湿疹(2)繊維素性炎fibrinous inflammation 滲出物としてフィブリンfibrinの析出を伴うもので,リウマチや尿毒症のときなどにみられる心外膜炎などで,治癒してもしばしば繊維性の癒着を生ずる。…

※「serous inflammation」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報