コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

sir sir

翻訳|sir

世界大百科事典内のsirの言及

【爵位】より

…デュークとマーキスは,大陸の制度に倣ったもので,アングロ・サクソン時代にはさかのぼらない。 イギリスの爵位貴族nobilityはロードlordの敬称を帯び,サーsirの称号をもつ騎士knight階層から区別されるが,爵位は当該家門の長男によって世襲されるのが常であった。子爵の名は,中世初期に伯の職務を代行した役人vicecomesに由来し,ノルマン・コンクエスト後のイギリスではシェリフにこの名が適用されたが,これもやがて単なる爵位と化した。…

※「sir」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

sirの関連キーワードハワード(Henry Howard Earl of Surrey)モーズリー(Henry Gwyn Jeffrey Mosely)フッカー(Sir Joseph Dalton Hooker)シットウェル(Sacheverell Sitwell)ロス(Sir James Clark Ross)エッジワース(Maria Edgeworth)サーシーウィーサガーラングーラム植物園エドマンド・ゴドフリー卿殺害事件ロバート・A. ハッドフィールドベル(John Bell)トマス[アースルドゥーヌ]ウォルターヒールズビル野生動物公園フランクリン(カナダ)ウィザードリィエクスウィザードリィ・外伝メルビル島(カナダ)セルカーク[山脈]あっぱれクライトンナイジェル卿の冒険

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

sirの関連情報