コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

syncytium syncytium

世界大百科事典内のsyncytiumの言及

【細胞融合】より

…隣接する2個以上の細胞において,接する部分の細胞膜が消失し,多核化した細胞の生ずることをいう。生じた多核細胞は,シンシチウムsyncytiumと呼ばれる。2核の細胞については,単に二核細胞,または双核細胞binucleated cellと呼ぶことが多い。…

【多核体】より

…個体全部が多核の細胞でできている場合と,個体のうちの特定の部分が多核体となる場合がある。多核の細胞のつくられかたによって,細胞の隔壁が失われて2個以上の細胞が融合する場合(シンシチウムsyncytium)と,核分裂のあとに細胞分裂がみられずにできる場合とがある。藻類のうち,緑色植物の車軸藻類,シオグサ目,ミル目などではその群のすべての種が後者のつくられかたによる多核体であり,黄色植物でもフシナシミドロ目などがそうで,これらの植物では群として多核体への進化傾向がはっきりしている。…

※「syncytium」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

syncytiumの関連キーワード細胞融合多核体

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android