コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

two by four twobyfour

世界大百科事典内のtwo by fourの言及

【枠組壁工法】より

…(1)使用する製材の断面はわずかに7種類で,その乾燥時の断面は38×64,38×89,38×140,38×184,38×235,38×286,89×89(単位はmm)。このうち,主として壁の構成に用いられる38mm×89mm(2インチ×4インチ)の断面が,北米で2×4(ツーバイフォーtwo by four)と呼ばれ,その使用量がもっとも多いところから,日本でこの工法をツーバイフォー工法と俗称するようになった。なお,上述の諸断面はJASで定められているが,北米の製材規格寸法と斉合している。…

※「two by four」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

two by fourの関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))ミネリ(Vincente Minnelli)ツーバイフォー構法ツーバイフォー工法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android