コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翻訳機械 ほんやくきかい

2件 の用語解説(翻訳機械の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ほんやくきかい【翻訳機械】

人間が普通に使用する言語(コンピューター用のプログラム言語など人工言語との対比で自然言語という)を別の自然言語に翻訳する機械をいい,このような機械による翻訳のことを機械翻訳machine translation,自動翻訳と呼んでいる。
[研究の歴史]
 翻訳がコンピューターでできる可能性があると初めて指摘したのはアメリカウィーバーWarren Weaverであった(1946)。1955年にアメリカのジョージタウン大学IBM研究所その他でロシア語から英語への実験的な翻訳システムが作られ,以後アメリカではロシア語の科学技術文献翻訳の必要から政府の手で研究投資が進められ,ソ連,日本,ヨーロッパでも研究が進められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

翻訳機械の関連キーワードニューロコンピューター非ノイマン型コンピューターウエアラブルコンピューターコンピューターアートハイブリッドコンピューターミニコンピューターファジーコンピューターボードコンピューター無停止コンピューター

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

翻訳機械の関連情報