コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

zooxanthella zooxanthella

世界大百科事典内のzooxanthellaの言及

【海】より

…海藻や海草による生産量は,1ha当り25~85tにもなり,浅い沿岸域や小湾では,基礎生産の3分の2以上がこれら海藻(海草)による場合も知られているが,一般の海域では,基礎生産の大部分は,植物プランクトンの光合成に負っている。サンゴ礁では,サンゴ虫の肉質部に共生するゾーキサンテラzooxanthella(褐虫藻類)や,死んだサンゴ表面に付着した微小藻類による生産量が著しく大きく,海の中でも異常に高い例として知られている。 植物(生産者)によって生産された有機物は,植物食である一次消費者に食べられる。…

【サンゴ礁(珊瑚礁)】より

…図3に現成サンゴ礁の微地形を示す。【堀 信行】
【サンゴ礁の生物】
 造礁サンゴ類の肉質部には,褐虫藻zooxanthellaとよばれる藻類が共生しており,サンゴ礁海域では,貧弱な植物プランクトンよりも,基礎生産において重要な役割を担っている。多くの造礁サンゴ類は,動物プランクトンを食べるほかに,褐虫藻が光合成で造り出した有機物が,体外に溶出したものを利用しており,褐虫藻にはその生活基盤を提供している。…

【シャコガイ(硨磲貝)】より

…体を包む外套(がいとう)はよく発達しており,それを殻の外にのび出している。その組織内に褐虫藻Zooxanthellaが共生していて,濃紺や褐色などシャコガイの種類によっていろいろな色になっている。シャコガイはプランクトンも食べるが,また褐色藻が日光にあたると炭酸同化作用を行い,それでできる酸素とブドウ糖などをシャコに提供する。…

【タコクラゲ】より

…かさの色は茶褐色で,白い斑点が散在しているが,無色のものや,藍色の個体もある。茶褐色の色はクラゲの地色ではなく,ゾーキサンテラZooxanthellaという下等な藻類がクラゲの体内に無数に共生しているためである。この藻類がクラゲの体内に入るのは,高さ2mmくらいのポリプの時代であって,ポリプの口から胃腔内へ入り,その後組織へ移って,水温があがるに従って増殖する。…

※「zooxanthella」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone