Pfingsten

ポケットプログレッシブ独和・和独辞典(独和の部)の解説

Pfingsten

[プフィングステン] [中] (―/―) ⸨ふつう無冠詞;成句中では複数で扱われ,南部では定冠詞と共に⸩ 〘キリスト教〙聖霊降臨祭(復活祭後の第7日曜日). ⇒Ostern

出典 ポケットプログレッシブ独和・和独辞典(独和の部)ポケットプログレッシブ独和・和独辞典(独和の部)について 情報 | 凡例

プログレッシブ 独和辞典の解説

Pfings・ten, [pfÍŋstən フィンぐス]

[中] (-/-) ((ふつう無冠詞.成句中では複数で扱われ,南部では定冠詞と共に)) 〔キリスト教〕 聖霊降臨祭(復活祭後の第7日曜日)

zu 〈南部:an〉 Pfingsten\聖霊降臨祭に.

[語源] キリスト昇天後,聖霊(Heiliger Geist)が使徒たちの上に降臨したことを祝う祭り.ギリシア語で「50番目の(日)」を意味するpentekostéらの借用語で,復活祭(⇒Ostern[語源])から数えて50日目の祭りであるが,実際には復活祭後第7日曜日に祝われる.この語は,ドイツ語のかなり初期の段階において,キリスト教に改宗したゴート人によってギリシア語から取り入れられた.同じような例としてはBischof(司教),Engel(天使),Kirche(教会),Teufel(悪魔)などがある.

出典 プログレッシブ 独和辞典プログレッシブ 独和辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android