コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

1件 の用語解説(念の意味・用語解説を検索)

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

ねん【念】

1 〔気持ち〕a sense; a feeling
  • 感謝[尊敬]の念
    a sense [feeling] of gratitude [respect]
  • 私を支えて下さった方々に感謝の念を表したい
    I would like to express my (deepest) gratitude to those who have supported me.
  • 自責の念にかられた
    I had a guilty conscience./I felt remorse for what I had done.
  • 不安の念に襲われた
    I was seized with (a sense of) uneasiness.
2 〔念願〕a desire; a wish⇒ねんがん(念願)ねがい(願い)
  • 念の入った
1ねんいり(念入り)
  • 念の入った細工の箱
    a box of elaborate workmanship
2 〔慎重な〕scrupulous
  • 念の入った注意深さで
    with scrupulous care
  • 念のため
    〔確かめるため〕just to make sure ((that)); 〔用心のために〕by way of precaution
  • 念のためたんすの裏を探してみた
    I searched behind the bureau just to make sure that nothing was there.
  • 念のためもう一度申し上げます
    Allow me to repeat it 「by way of precaution [for precaution's sake].
  • 念のため彼に直接聞いてごらんなさい
    Ask him in person to satisfy yourself.
  • 念のため傘を持って行きなさい
    Take your umbrella just in case.
  • 念を入れる
  • 言葉遣いには特に念を入れる
    pay special attention to one's choice of words
  • 念には念を入れよ
    One cannot be too careful.
  • できる限り念を入れて作り上げた
    He made it with the utmost care.
  • 念を押す
  • そのことで彼に念を押した
    I called his special attention to that point.
  • 手紙を出してくれと念を押した
    「I reminded him [I told him again to be sure] to mail the letter for me.

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
編集主幹:近藤いね子、高野フミ
編集委員:Mary E. Althaus、板橋好枝、一又民子、岩原明子、大束百合子、小林 ひろみ、天満美智子、古木宜志子
(C) SHOGAKUKAN
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone