(読み)ねん(英語表記)smṛti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ねん
smṛti

仏教用語。心の働きの一つ。物事をしっかりと記憶すること。また一念というときは時間の単位で,一般に非常に短い時間をいい,十念などというときは,仏教の瞑想の一方法をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ねん【念】

思い。気持ち。「感謝の
心くばり。注意。「には及びません」
かねての望み。念願。「がかなう」
仏語。
㋐心の働き。記憶する働き。
㋑非常に短い時間。一念。刹那。
㋒対象に向かって心を集中し、冥想(めいそう)すること。

ねん【念】[漢字項目]

[音]ネン(呉) [訓]おもう
学習漢字]4年
いちずに思いをこめる。「念願念力一念観念祈念思念専念想念
いつまでも心にとどめる。「念書記念
思い詰めた考えや気持ち。思い。「怨念(おんねん)疑念雑念残念執念情念信念断念無念妄念理念
注意。「丹念入念
含み声で唱える。「念経・念仏
きわめて短い時間。「念念一念
「廿(じゅう)(二十)」の代用字。「念日・念六日」
[名のり]むね

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねん【念】

思い。気持ち。考え。 「憎悪の-」
気をつけること。注意。 「御-には及びません/婦系図 鏡花
かねての望み。希望。 「 -が届く」
〘仏〙
物事を記憶している心のはたらき。憶。
物事を考えたり、思い描く心のはたらき。
きわめて短い時間の単位。 → 刹那せつな
浄土教で、称名念仏すなわち阿弥陀仏の名号をとなえること。
心の中の一定の対象に精神を集中させること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

念の関連情報