コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ねん smṛti

4件 の用語解説(念の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ねん
smṛti

仏教用語。心の働きの一つ。物事をしっかりと記憶すること。また一念というときは時間の単位で,一般に非常に短い時間をいい,十念などというときは,仏教の瞑想の一方法をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ねん【念】

思い。気持ち。「感謝の
心くばり。注意。「には及びません」
かねての望み。念願。「がかなう」
仏語。
㋐心の働き。記憶する働き。
㋑非常に短い時間。一念。刹那。
㋒対象に向かって心を集中し、冥想(めいそう)すること。

ねん【念】[漢字項目]

[音]ネン(呉) [訓]おもう
学習漢字]4年
いちずに思いをこめる。「念願念力一念観念祈念思念専念想念
いつまでも心にとどめる。「念書記念
思い詰めた考えや気持ち。思い。「怨念(おんねん)疑念雑念残念執念情念信念断念無念妄念理念
注意。「丹念入念
含み声で唱える。「念経・念仏
きわめて短い時間。「念念一念
「廿(じゅう)(二十)」の代用字。「念日・念六日」
[名のり]むね

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ねん【念】

思い。気持ち。考え。 「憎悪の-」
気をつけること。注意。 「御-には及びません/婦系図 鏡花
かねての望み。希望。 「 -が届く」
〘仏〙
物事を記憶している心のはたらき。憶。
物事を考えたり、思い描く心のはたらき。
きわめて短い時間の単位。 → 刹那せつな
浄土教で、称名念仏すなわち阿弥陀仏の名号をとなえること。
心の中の一定の対象に精神を集中させること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

念の関連キーワード思い切るそこはかとちゃくとなく万考万慮ひょっとまじりまじり黙考

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

念の関連情報