コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ねんsmṛti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ねん
smṛti

仏教用語。心の働きの一つ。物事をしっかりと記憶すること。また一念というときは時間の単位で,一般に非常に短い時間をいい,十念などというときは,仏教の瞑想の一方法をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ねん【念】

思い。気持ち。「感謝の
心くばり。注意。「には及びません」
かねての望み。念願。「がかなう」
仏語。
㋐心の働き。記憶する働き。
㋑非常に短い時間。一念。刹那。
㋒対象に向かって心を集中し、冥想(めいそう)すること。

ねん【念】[漢字項目]

[音]ネン(呉) [訓]おもう
学習漢字]4年
いちずに思いをこめる。「念願念力一念観念祈念思念専念想念
いつまでも心にとどめる。「念書記念
思い詰めた考えや気持ち。思い。「怨念(おんねん)疑念雑念残念執念情念信念断念無念妄念理念
注意。「丹念入念
含み声で唱える。「念経・念仏
きわめて短い時間。「念念一念
「廿(じゅう)(二十)」の代用字。「念日・念六日」
[名のり]むね

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねん【念】

思い。気持ち。考え。 「憎悪の-」
気をつけること。注意。 「御-には及びません/婦系図 鏡花
かねての望み。希望。 「 -が届く」
〘仏〙
物事を記憶している心のはたらき。憶。
物事を考えたり、思い描く心のはたらき。
きわめて短い時間の単位。 → 刹那せつな
浄土教で、称名念仏すなわち阿弥陀仏の名号をとなえること。
心の中の一定の対象に精神を集中させること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

念の関連キーワードジョンジェンジーニェンタン大分県豊後高田市長岩屋群馬県高崎市吉井町馬庭奈良県奈良市東木辻町愛知県岡崎市門前町宮城県角田市島田上坂半左衛門天安門広場裏釘を返す後度を突く不審を抱く駄目を押す返す返す普遍論争心霊現象馬庭念流先哲叢談松平親宅楔を刺す滝沢唯念

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

念の関連情報