コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Örkény I. OrkenyI

世界大百科事典内のÖrkény I.の言及

【ハンガリー】より

…新しく登場する作家たちに影響を与えたのは,モーリツの継承者であったシャルカディSarkadi Imre(1921‐61)である。ほかにオトリクOttlik Géza(1912‐ ),エルケーニÖrkény István(1912‐79),メーセイMészöly Miklos(1921‐ ),マーンディMándi Iván(1918‐ )らは,40代で戦争を体験し,多くの血を流した世代で,戦後も,超現実的なショート・ショートにも似た短編を書くなど,党の文化政策から離れたアウトサイダーの位置にとどまった作家たちである。 56年のハンガリー事件の動揺後,若手作家たちが堰を切ったようにアクチュアルな作品で登場したが,そのうちフェイェシュFejes Endre(1923‐ )は《くず鉄墓場》(1963)で,シャーンタSánta Ferenc(1927‐ )は《二十時間》(1963)で一躍話題作家となった。…

※「Örkény I.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android