コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反応中間体 ハンノウチュウカンタイ

世界大百科事典 第2版の解説

はんのうちゅうかんたい【反応中間体 reaction intermediate】

化学反応が進むとき反応物と生成物の途中に生成する化学種を反応中間体または中間体という。たとえば,塩素分子Cl2と水素分子H2の混合気体から塩化水素分子HCl気体を生ずる爆発反応はふつう式(1)のように書かれる。 Cl2+H2=2HCl  ……(1) しかし,反応が実際にどのように進んでいるかという反応機構を調べた結果,次のようなことが結論されている。すなわち,反応が進んでいる混合気体中では,塩素原子Clや水素原子Hのような反応中間体が,反応式(2)や(3)のようなものとなる素反応に従って反応を進め,最終的には式(1)の反応が起きている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の反応中間体の言及

【化学反応】より

…通常の化学反応式は,反応の起こる前と完了した後の正味の変化のしかたのみを示すもので,総括反応式とも呼ばれる。反応機構には総括反応式には現れない化学種が含まれるが,それらは反応中間体と呼ばれ,多くは比較的不安定な物質である。反応機構は,広い条件にわたる反応速度の測定・解析,反応中間体の検出・確認などの手法によって総合的に解明される。…

【反応速度】より

… Br2⇄2Br  ……(i)  Br+H2⇄HBr+H  ……(ii)  H+Br2⇄HBr+Br  ……(iii) ここでBrは臭素原子,Hは水素原子であり,これらは反応物のH2やBr2,生成物のHBrに比べて非常に不安定であるが,反応が進んでいる過程で微量ではあるが生成し,反応を進める仲介となる。このような化学種を反応中間体という。反応が一定速度で進んでいるとき,これらの反応中間体の濃度はほぼ一定に保たれている。…

【有機化学反応】より

…反応の各段階は一般に異なる速度で進行するが,上の例では第1段階(式(12))の反応速度が遅く,全反応速度はこの段階によって規定されるので,反応の律速段階rate determining stepという。反応の経過に際して生じるE,F,Gが実際に単離可能である場合,これらは反応中間体という。E,F,Gが高い反応性のためごく短寿命で,その結果単離はできないがその存在を証明しうる場合,これらは遷移状態transition statesと呼ばれる。…

※「反応中間体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

反応中間体の関連キーワード転位(有機化学反応)G. ウィッティッヒオキソニウム化合物カルボニウムイオンカルボアニオンシクロアルキン閃光光分解法分子軌道法ノリッシュベンザインナイトレンカルベン付加重合量子化学長倉三郎物理化学逐次反応ベンジン閃光法コリ

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android