コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

‘Abbāsīya Abbasiya

世界大百科事典内の‘Abbāsīyaの言及

【エジプト】より

…当時は湿潤で,北アフリカには草原が広がり,各所に森林が繁茂し,野生動物の宝庫であった。前期旧石器はナイル河岸の30mおよび15m段丘,カイロ近郊アッバーシーヤ‘Abbāsīya,ハーリジャ・オアシスなどで確認され,アブビル型やアシュール型の握斧(あくふ),剝片(はくへん)石器(30m段丘),中後期アシュール文化の石器(15m段丘)が発見されている。中期旧石器は9m段丘上にみられ,ルバロア型の剝片石器や三角形の小型尖頭器(ポイント)などを特徴とする。…

※「‘Abbāsīya」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

‘Abbāsīyaの関連キーワードABB日本ベーレーパーシー バーネヴィクAEGバナナユルゲン ドルマンアッバース朝ネルンストの式(平衡電極電位)サッファーフ手話プレボー

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android