コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《イベリア》(ドビュッシー) いべりあ

世界大百科事典内の《イベリア》(ドビュッシー)の言及

【ドビュッシー】より

…2度目の結婚で子どもが生まれ,ピアノ組曲《子供の領分》(1906‐08)を彼に書かせる。管弦楽のための《影像》第3集(1908‐12,《イベリア》を含む),歌曲集《ビヨンのバラード》(1910),ピアノのための《前奏曲集》第1集(1910)などがそれに続く。《前奏曲集》第2集(1913),秘跡劇《聖セバスティアンの殉教》の音楽(1911),バレエ曲《遊戯》(1912),《マラルメの三つの詩》(1913),ピアノのための《12の練習曲》(1915)では,いっそう新たな音響形態とその持続がたずねられ,異なる楽器の組合せによる3曲の《ソナタ》(1915‐17)には,フランス的な古典主義を志向する趣きもうかがえる。…

※「《イベリア》(ドビュッシー)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android