舞曲(読み)ぶきょく(英語表記)dance music

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舞曲
ぶきょく
dance music

楽曲の一形式舞踊のための音楽のことであるが,舞踊のリズムや形式にのっとりながら演奏を目的に書かれた芸術作品も舞曲という。 15世紀のフランスのバス・ダンスなどに始まり,16世紀にはパバーヌ,ガリアルド,アルマンドクラントサラバンドなどの舞曲形式が生まれ,17世紀にはブレーガボットパスピエメヌエットなどが加わり,組曲もつくられた。 J.フローベルガーによって基礎づけられたアルマンド,クラント,サラバンド,ジグなどの舞曲による組曲の基本型は,18世紀には中間にメヌエットやポロネーズなどが挿入され,J. S.バッハによって完成された。前古典派から古典派にかけては組曲ばかりでなく,交響曲,ソナタ,弦楽四重奏など室内楽曲のなかでも使われた。 J.シュトラウス父子のウィンナ・ワルツ,F.ショパンのマズルカ,ポロネーズなどはポピュラーな例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶきょく【舞曲 dance music】

舞踏のための音楽,あるいはそのリズムや形式を借用するが,踊ることを目的としない純粋な音楽作品。いずれの場合にしろ,舞曲は舞踏と密接にかかわっているので,一般的には舞踏の特徴を表す個性的な拍子,リズム,テンポ,さらには明白な楽節および楽曲構造をもつ。 舞踏の存在が太古にまでさかのぼれるように,舞曲の歴史も長く,また諸民族がそれぞれ独自の舞踏をもっているので楽曲も多様であるが,ヨーロッパにおいて舞曲が具体的に楽曲として残っているのは13世紀以降である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶきょく【舞曲】

舞踏と音楽。
舞踊のための音楽。舞踊を離れ独立の器楽曲として組曲に取り入れられたものをもいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

舞曲
ぶきょく
dance (music)英語
Tanz (musik)ドイツ語
danseフランス語
danzaイタリア語

本来は舞踊のための伴奏音楽をいうが、舞踊を離れて、純粋に音楽のみを鑑賞するためにつくられたものも含まれる。舞曲には、手拍子や足踏みなど人間の身体を使用するものや、声楽だけによるもの、声楽と器楽を併用したり組み合わせるもの、器楽だけによるものなど多様な形態がある。なお「舞曲」を西洋音楽に限定していう場合もあるが、ここでは近年、世界的に影響を与えているラテンアメリカのものを含めて概観する。[田井竜一]

ヨーロッパの舞曲

中世以来、さまざまな舞曲が現れたが、民間で行われている舞曲が宮廷にも取り入れられ、さらにそれがふたたび民間でもてはやされるといった一種の循環作用があるのが、ヨーロッパの舞曲の一般的な特徴である。とくに16世紀は「舞踊の世紀」とよばれ、アルマンドallemande(中庸の4/4拍子)、クーラントcourante(速い三拍子)、パバーヌpavane(ゆっくりとした二拍子)、ガリアルダgagliarda(快活な三拍子)など、数多くの舞曲が登場した。また、遅い舞曲と速い舞曲が一対の組として(たとえばアルマンドとクーラント)演奏されることも多かった。また17世紀になると、いくつかの舞曲を組み合わせる舞踊組曲(たとえばアルマンド―クーラント―サラバンドsarabande―ジーグgigue)が現れた。有名なJ・S・バッハの『管弦楽組曲』もこの形式によっている。さらにこのころ、ブレbourre(速い二拍子)、ガボットgavotte(中庸の二拍子)、メヌエットmenuet(ゆっくりとした3/4拍子)などフランス系の舞曲が流行した。とくにメヌエットはその後、弦楽四重奏曲や交響曲などにも取り入れられるようになった。また以上あげた舞曲は、民族舞曲として今日でも各地で伝承されており、イギリス・スコットランド地方のジグーgigg、フランス・ラングドック地方のブレやブルターニュ地方のガボットなどが有名である。
 19世紀になると、中庸の3/4拍子であるワルツwaltz(その代表がウィンナ・ワルツである)が一世を風靡(ふうび)したほか、西ヨーロッパ以外の地域の舞曲が流行した。たとえばポーランドのマズルカmazurek(マズル地方の三拍子系の舞曲の総称で、ゆっくりとしたクヤウィアクkujawiakや急速なオベレクoberekなどが含まれる)やポロネーズpolonaise(穏やかな3/4拍子)、チェコ・ボヘミア地方のポルカpolka(速い二拍子)などがその代表的な例である。20世紀に入ると、アメリカ合衆国の黒人系音楽の舞曲や、ラテンアメリカの舞曲が脚光を浴びるようになった。[田井竜一]

ラテンアメリカの舞曲

ラテンアメリカ音楽において舞曲はきわめて重要な位置を占め、とくに20世紀に入ってからはマス・メディアの発達に伴って世界的に影響を与えているものも多い。各地域の代表的な舞曲をあげると、メキシコのソンsonは6/8拍子の舞曲の総称で、各地方に特色のあるソンがある。とくにウアステカ地方のウアパンゴhuapango、ベラクルス地方のソン・ハローチョson jarochoが有名である。キューバは近年多くの舞曲ないしはリズムを生み出しており、それらは世界的に流行している。その代表的な例はボレロbolero、ハバネラhabanera、ルンバr(h)umba、チャチャチャcha cha ch、マンボmambo(いずれも2/4拍子系)である。ブラジルにおいては、カーニバルの仮装パレードの舞曲であるサンバsambaが世界的に有名である。ペルーには、インディオ固有の舞曲といわれる二拍子系のウアイノhuainoや、リマを中心とする6/8拍子の舞曲サマクエッカzamacuecaがある。また近年は、シンコペーションの多い独特のワルツであるバルスペルアーノvals peruanoが流行している。アルゼンチンには有名なタンゴtangoのほか、チャカレラchacareraやサンバzamba(ともに6/8拍子)など多数の舞曲がある。[田井竜一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶ‐きょく【舞曲】

〘名〙
① 舞踊と音曲。舞と音楽。
※釈氏往来(12C後)三月日「亜将舞曲、諸人歌歎」
② 舞いや舞踏のための楽曲。舞楽の曲。
※続教訓鈔(14C前か)「左方の舞曲においては、伝へ来れる次第、尤存知すべきものなり」 〔新唐書‐礼楽志・一一〕

まい‐ぐせ まひ‥【舞曲】

〘名〙 能のクセの部分で、シテが謡に合わせて立って舞うもの。「羽衣」のクセなど。⇔居曲(いぐせ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舞曲の関連情報