コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

着想 チャクソウ

デジタル大辞泉の解説

ちゃく‐そう〔‐サウ〕【着想】

[名](スル)ある物事を遂行するための工夫や考え。思いつき。アイデア。「奇抜な着想」「主婦が着想した台所用品」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゃくそう【着想】

( 名 ) スル
思いつき。アイデア。 「 -がよい」 「 -がわく」 「 -を得る」 〔明治期につくられた語〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

着想の関連キーワード〈ドイツ〉Italienischeバイオインスピレーションコインロッカーベイビーズカクテル・パーティーキリスト教徒の農事詩クロイツェル・ソナタイタリアのハロルドインスピレーションカーリューリバービジネスアイデアH. ベルイマンフィンガルの洞窟グランドデザインヒルベルト空間グッドアイデア夜のガスパールサンディコーブ天馬空を行くマンテーニャエルアレフ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

着想の関連情報