コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《一月一日》 いちがつついたち

世界大百科事典内の《一月一日》の言及

【替歌】より

… 第2次大戦中にはやった《愛国行進曲》の歌詞〈臣民われら皆共に 御稜威(みいつ)に副(そ)わん大使命〉が,〈臣民我等皆共に 水を飲んで大悲鳴〉と変えて歌われたが,権威ある者に生活,精神を圧迫されていると感じた人びとが,権威をナンセンスなものにしてしまう替歌によって,うさを晴らしていたことがうかがえる。また,元旦に宮中で行われる四方拝を祝う歌《一月一日》は,明治のころから小学校で元旦の式のときに歌うことにされていた。その歌詞〈年の始めのためしとて 終わりなき世のめでたさを……〉を,大正・昭和初期の小学生は〈豆腐の始めは豆である 尾張名古屋の大地震……〉と歌っていた。…

※「《一月一日》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《一月一日》の関連キーワード天皇人間宣言/昭和二十一年年頭の詔書売却資産の固定資産税マイホームの譲渡と税死亡者の確定申告早生まれ・早生れ一日・朔日・朔年賀特別郵便火祭り・火祭初刷り・初刷地価公示制度千家 尊福恰も・宛も上 真行千家尊福森高千里還付申告千家元麿ヒジュラ三奇祭本正月

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android