コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唱歌 しょうか

8件 の用語解説(唱歌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唱歌
しょうか

(1) 小学校で歌を教える授業の教科目名。明治5 (1872) 年の学制発布から 1941年に「音楽」に改められるまで用いられた。 (2) 学校教育用の歌。普通この意味で用いられることが多く,学校唱歌などともいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

唱歌
しょうが

日本音楽の用語。「声歌」「証歌」とも書く。「そうが」ともいう。 (1) 舞楽中で歌のうたわれる部分。『輪台』『青海波』で行われた。 (2) 楽器の旋律や奏法を口で唱えること,およびその歌。一種のソルミゼーション (各音に名称を与えること) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょう‐か〔シヤウ‐〕【唱歌】

[名](スル)《古くは「しょうが」》
歌をうたうこと。また、その歌曲・歌詞。
「戯れかかって、詩吟するやら―するやら」〈二葉亭浮雲
明治の学制以降昭和16年(1941)までの学校教育における音楽教育の教科名。また、その学習活動や歌曲。「小学唱歌」「文部省唱歌
琴・琵琶などの旋律を口で唱えること。
「法皇御感の余り、時々は―せさせおはしましける」〈盛衰記・一八〉

そう‐が〔サウ‐〕【唱歌】

《「そう」は「しょう」の直音表記》楽に合わせてうたうこと。また、琴・琵琶などの旋律を口でうたうこと。しょうが
「―する声も人には勝(すぐ)れて」〈宇津保・俊蔭〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

唱歌【しょうか】

歌,あるいは歌をうたうことだが,明治以降はとくに,明治の学制公布(1872年)によって小学校におかれた〈唱歌科〉の授業,そこで歌われる歌,またこれを歌うことをさす。
→関連項目童謡

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しょうか【唱歌】

歌のこと,あるいは歌をうたうこと。明治以前は,〈しょうが〉あるいは〈そうが〉と発音することが多く,証歌,章歌,正歌とも書いた。《万葉集》では歌詞をさして使われていたが,ふつうは《竹取物語》に〈あるいは笛を吹きあるいは歌をうたひ,あるいは唱歌をし……〉とあるように,歌詞のある歌をうたうのではなく,楽器の旋律やリズムを口で唱えうたうことを指していた(唱歌(しようが))。その楽器は笙(しよう),篳篥(ひちりき),竜笛,高麗笛(こまぶえ),能管,尺八などの管楽器が中心であった。

しょうが【唱歌】

日本音楽の用語。楽器の擬声語のこと。元来は雅楽や能の管楽器の擬声語のみ唱歌と称したが,最近では口三味線など固有の名称をもつものも含めて,すべての楽器に対してこの語を用いるのが普通になっている。唱歌は,それだけで楽器音のすべての要素を直接的に表示するものではないが,一般に,奏法,あるいはリズム,音色,さらにはまとまった旋律の型などといったものと密接に結びついた形で,ある程度固定しているため,声を出してそれを歌うと,きわめて正確に楽器の音として相手に伝達することができ,紙に書かれた唱歌からも,かなり多くの要素を読み取ることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょうか【唱歌】

( 名 ) スル
〔古くは「しょうが」〕
歌を歌うこと、またその歌。 「桑園に-する乙女等の生活を思ひ/欺かざるの記 独歩
旧制の学校の教科の一。現在の音楽科に当たる。また、その教材として作られた歌曲。 「小学-集」
笛・琴などで奏される譜を口で歌うこと。 「あるいは笛を吹き、…あるいは-をし/竹取」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の唱歌の言及

【音楽教育】より

…とくに演奏,作曲などの専門家養成を目的とする学校も,18世紀末以来,パリ,ペテルブルグなどヨーロッパの大都市に設置されるようになった。 日本では1872年(明治5)の学制で,小学校に〈唱歌〉,中学校に〈奏楽〉という教科がおかれたが,ともに〈当分欠ク〉とされていた。77年東京女子師範学校(お茶の水女子大学の前身)付属幼稚園が,宮内省式部寮雅楽課作成の〈保育唱歌〉を使って唱歌と遊戯の指導を始めており,これがもっとも早い時期の組織だった音楽教育である。…

【楽譜】より

…肉譜が演奏者にとって便利な記譜法であるためか,多くの楽譜が肉譜を用いている。(5)肉譜 肉譜は口音(こうおん)(日本の唱歌(しようが)もしくは口三味線に当たる)を朝鮮の国字(ハングル)で記したものである。肉譜とは,記憶を助けるために,楽器の擬音を模倣して書きとめたことに始まり,奏法の約束ごとや弦名によるものなど,各楽器によってそれぞれ異なる。…

【口三味線】より

三味線の旋律を口で唱えることをいうが,欺こうとして巧みに言いかける言葉の形容としても使われている。楽器の旋律を擬声音で歌って記憶する便利な方法として古くから行われた唱歌(しようが)が,雅楽から一節切(ひとよぎり)を経て,三味線に応用されたもの。〈チン・トン・シャン〉は三味線音楽の代名詞のようになっているが,チンは三の弦の勘所(かんどころ)を押さえた音,トンは二の弦の開放音,シャンは二と三の弦とを同時に弾いた音であり,そのほか,一と二の弦を押さえた音はツン,一,二弦同時のときはチャン,三の弦の開放がテン,撥(ばち)ですくう場合はラ行を用いる,といったぐあいに,弦の違いや押さえた音,放した音から,撥の使い方,ハジキという指使いまでが,口で唱えることによって,すぐにわかるようになっている。…

【篳篥∥觱篥】より

…音量は大きいが,表情に富む。篳篥は合奏の主旋律を奏する楽器であるため,その唱歌(しようが)は箏や琵琶をはじめ,打ち物や舞の練習にも利用される。指孔の名称は,江戸時代以降,現行のように表面の上から,丁(てい)・一(いつ)・四(し)・六(りく)・凢(はん)・工(こう)・五(ご),裏面の上から,(じよう)・厶(む)という。…

【竜笛】より

…催馬楽,朗詠では歌にほぼそった旋律を吹く。竜笛の楽譜は唱歌(しようが)(旋律の口頭表現)を中央に記し,左側に指遣いを添えたもので,唱歌の文字の大小が音価を表し,右側の丸印が拍節を表す。声楽の伴奏譜は詞章の右側に指遣いを添える。…

【呂中干】より

…細部の違いはあるが,〈序ノ舞〉〈真ノ序ノ舞〉〈中ノ舞〉〈天女ノ舞〉〈早舞(はやまい)〉〈男舞〉〈神舞〉〈急ノ舞〉〈破ノ舞〉など多くの舞事(まいごと)に用いられる。表に,一噌(いつそう)流の〈中ノ舞〉の〈呂中干ノ地〉を唱歌(しようが)で示す。【松本 雍】。…

※「唱歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

唱歌の関連キーワード音頭擬声語タムタム本曲糸管玉衣の日本音楽ダンドゥット和洋合奏アシライ[会釈]

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

唱歌の関連情報