コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《会稽櫓錦木》 かいけいこきょうのにしきぎ

世界大百科事典内の《会稽櫓錦木》の言及

【中村座】より

… 元禄期(1688‐1704)には,《参会名護屋》(1697),《源平雷(なるかみ)伝記》(1698)などその時代の代表作を上演した。1793年(寛政5)11世中村勘三郎の時代,経営不振のため仮櫓の都座に興行を譲ったが,97年11月《会稽櫓錦木(かいけいこきようのにしきぎ)》で再開し,大当りをとった。文化・文政期(1804‐30)は鶴屋南北の代表作《東海道四谷怪談》(1825)や絶筆の《金幣猿嶋郡(きんのざいさるしまだいり)》(1829)などを上演している。…

※「《会稽櫓錦木》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報