コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《吉例曾我礎》 きちれいそがのいしずえ

世界大百科事典内の《吉例曾我礎》の言及

【曾我の対面】より

…初めて演じられたのは1676年(延宝4)1月江戸中村座といわれるが,享保(1716‐36)以後の江戸歌舞伎で〈曾我狂言〉が初春興行の慣例になってからは,その一番目大詰にかならず設けられ,毎年の各座でさまざまな変形が生まれた。明治になって河竹黙阿弥が様式を統一させた台本が近年に伝わり,《寿曾我対面(ことぶきそがのたいめん)》または《吉例曾我礎(きちれいそがのいしずえ)》などの外題で一幕物として単独に上演されている。通称を《曾我の対面》または単に《対面》ともいう。…

※「《吉例曾我礎》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《吉例曾我礎》の関連キーワード曾我の対面

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android