コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《大船盛鰕顔見世》 おおふなもりえびのかおみせ

世界大百科事典内の《大船盛鰕顔見世》の言及

【生世話】より

…南北における生世話の称は,部分的にみられる写実的または写生的市井の生活描写や演技・演出といったものだけではなく,それらを含む構造全体,つまり筋がからみ合う新しい世界をさすものであった。南北以前,上方の初世並木五瓶が,1794年(寛政6)に江戸へ下り,合理的作風をみせたこと,また,1792年11月江戸河原崎座の《大船盛鰕顔見世(おおふなもりえびのかおみせ)》で,4世岩井半四郎が切見世女郎の三日月おせんを演じたことなどは,南北の生世話を生み出す準備段階として注目される。南北以後,3世瀬川如皐(じよこう)から河竹黙阿弥へと至るうちに,市井の生活描写や演技・演出の写実化という面が継承され発展していくことになる。…

※「《大船盛鰕顔見世》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《大船盛鰕顔見世》の関連キーワード増山金八(初代)岩井半四郎毒婦物

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android