コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Bījagaṇita》 Bijaganita

世界大百科事典内の《Bījagaṇita》の言及

【バースカラ[2世]】より

…36歳のとき《シッダーンタ・シローマニSiddhānta‐śiromaṇi》と総称される数学と天文学の四部作を完成した。そのうち《リーラーバティーLīlāvatī》と《ビージャガニタBījagaṇita》は,インド数学の二大分野であるパーティーガニタpāṭīgaṇita(既知数のみを用いる数学)とビージャガニタ(未知数を用いて行われる数学)をそれぞれ扱ったものである。狭義の《シッダーンタ・シローマニ》は天文学に関する二部,すなわち惑星の位置計算を主とする《ガニターディヤーヤGaṇitādhyāya》と球面天文学の問題を主として論ずる《ゴーラーディヤーヤGolādhyāya》とからなっている。…

※「《Bījagaṇita》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《Bījagaṇita》の関連キーワードIBA情報技術協定大平めいさIBA情報技術協定内胸動脈情報技術協定カマラシーラ兜率天兜率天