コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Harṣacarita》 Harsacarita

世界大百科事典内の《Harṣacarita》の言及

【ハルシャ・バルダナ】より

… ハルシャ王は勇敢な武将であると同時に文芸の愛好者でもあり,宮廷には多数の詩人,学者が集まった。その一人バーナは,王の功績をたたえる《ハルシャチャリタHarṣacarita(ハルシャ王の治績)》を著した。王自身もまた文豪として知られ,戯曲《ナーガーナンダNāgānanda(竜王の喜び)》をはじめ幾編かの作品を今日に伝えている。…

※「《Harṣacarita》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Harṣacarita》の関連キーワード記憶の丘ヘルツルの丘モスクイスフィザーリー王妃の谷サイフィーハリリハリリブレッガーサモエード語派

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android