コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Phöbus》 Phobus

世界大百科事典内の《Phöbus》の言及

【ミュラー】より

…友人ゲンツFriedrich Gentzを通じて,E.バークの保守主義の影響をうけ,ベルリンのロマン主義者の仲間に入る。1808年クライストとともに雑誌《フェーブスPhöbus》を発刊,ドイツ・ロマン主義者の代表者となった。主著《国家学要綱》3巻(1809)では,啓蒙主義的国家観を排し,国家有機体説を鼓吹した。…

※「《Phöbus》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《Phöbus》の関連キーワードミュラー