コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ISAバス あいさばす

2件 の用語解説(ISAバスの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ISAバス

PC/AT互換機で使用される、16ビットデータバスを持つ拡張バスの規格。ATバスとも呼ばれる。かつては主流の拡張バスだったが、現在は32ビットのデータバスを持つPCIバスにその座を譲っている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アイサ‐バス【ISAバス】

ISA busPC/AT互換機で使用されている16ビット幅の外部拡張バス。最大データ転送速度は4MB。16ビットCPUである80286を前提に設計されているため、現在では拡張ボードの接続にはPCIバスの利用が主流になっている。ATバス。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ISAバスの関連キーワードAT互換機互換機セントロニクスDOS/VPC/AT互換機PC UNIXIBM PC/ATPC互換機PCAT互換機IBM PC/AT互換機

ISAバスの関連情報