コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

VL-Bus

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

VL-Bus

VESAが策定したローカルバスの標準規格。486の外部バスと非常に似た仕様になっているため、486のシステムには低コストでVL-Busを実装できる。VL-Busは32ビットのアドレスバス/データバスを備え、バスクロックは最大50MHzである。一般的にVL-BusのバスクロックはCPUの外部バスクロックと同じタイミングになっている。最大データ転送レートは132Mbytes/secで、16bytesまでのバースト転送やバスマスター機能もサポートされている。VL-BusはISAやEISA、MCAと共存できる仕様になっている。VL-Busのコネクターは、ISAなどの拡張スロットに対して直列に並んでおり、VL-Bus対応カードを装着しない場合は、ISAなど従来のバスのカードを装着できる。しかし、このような仕様のためVL-Bus用カードは短くても全長25cmという大きさになってしまい、スロットへの装着はかなりの力を要する。VL-Busの欠点としては、まず拡張スロットの数が少ないことが挙げられる。バスクロック33MHzの場合は3スロットまで、50MHzの場合は1スロットまでが推奨されている。しかし実際には、33MHzの場合でも2枚以上カードを装着すると誤動作することがよくある。もともとペリフェラルをいくつも接続するような形態が考えられていないCPUの外部バスを、VL-Busではそのまま拡張バスとして利用しているため、ほかのバスに比べると動作が不安定になりやすい傾向にある。VL-Busは1993年にVersion 2.0が発表され、64ビットデータバスやバスクロック66MHz、消費電力の低減などに対応している。しかし、これに対応した製品はそれほど多くなく、Version 1対応のVL-Bus製品が広く普及した。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

VL-Busの関連キーワードマザーボードのサイズメモリーリソースDMAチャネルバスサイズ

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android