コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Variété》 Variete

世界大百科事典内の《Variété》の言及

【バレリー】より

…詩集《魅惑》(1922),対話編《エウパリノス》(1921),《固定観念》(1932)などを次々と発表し,1925年アカデミー会員に選ばれ,あたかもフランスの公的な知的代表のようにしてヨーロッパ各地で講演を行う。《バリエテVariété》5巻(1924‐44)ほかにまとめられた批評は,意識的文学制作論の主張,詩のメカニスムの分析,絵画論,ヨーロッパの未来を憂える文明批評など多岐にわたるが,明晰典雅な文体による厳密な思考の表現として,20世紀前半の批評文学の金字塔と見なされる。しかし知性の詩人という名声と裏腹に1920年ごろ深刻な恋愛を経験,それ以後は若き日の決意とは変わって精神とエロスの一体化を掘り下げ自己を全的に成就することを内的課題とする。…

※「《Variété》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Variété》の関連キーワードヴァリエテバレリー

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android