コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

「游子吟」孟郊

とっさの日本語便利帳の解説

「游子吟」孟郊

<有名な漢詩の一節>
慈母手中線 游子身上衣

慈母は手中に線(いと)、游子身上の衣

かあさんは手中に糸を操って、旅に出る子が着る衣服をていねいに縫っている。早く立派になって帰っておくれという思いを込めて。母の「三春の暉(き)」(春の暖かい陽光)にどうやって報いればいいのだろう。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android