コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『鼻』 ハナ

とっさの日本語便利帳の解説

『鼻』

芥川龍之介
禅智内供の鼻と云えば、池の尾で知らない者はない。長さは五六寸あって、上唇の上から顋の下まで下っている。形は元も先も同じように太い。云はば細長い腸詰めのような物が、ぶらりと顔のまん中からぶら下っているのである。\(一九一六)

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

『鼻』の関連情報