コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禅智内供 ぜんちないぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

禅智内供 ぜんちないぐ

芥川竜之介(あくたがわ-りゅうのすけ)の小説「」の主人公。
宮中の内道場に奉仕する高僧。おおきくながい鼻をもてあまし,ゆでたり,ふませたりしてみじかくする。平安時代の「宇治拾遺物語」(「鼻長キ僧の事」)と「今昔物語集」(「池尾禅珍内供鼻語」)に取材した芥川の文壇第1作。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の禅智内供の言及

【鼻】より

…鼻が大きすぎると,シラノ・ド・ベルジュラックやゴーゴリの《鼻》の主人公のように醜いとされる。これは芥川竜之介の《鼻》の種本の《今昔物語集》や《宇治拾遺物語》の中の禅智内供(ないぐ)または禅珍内供のような長い鼻の場合も同じである。また,嵯峨の野辺に住む僧の鼻が高く醜いのを見た連歌師宗祇は,庵の庭に咲く卯の花(うのはな)に短冊を結んで〈さかばうのはなにきてなけほととぎす〉と詠んだ。…

※「禅智内供」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

禅智内供の関連キーワード芥川竜之介『鼻』

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

禅智内供の関連情報