コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

およすけ およすけ

大辞林 第三版の解説

およすけ

〔動詞「およすく」の連用形から〕
年長であること。 「こよなきほどの御-なり/栄花 玉のむら菊
老成していること。 「道良は-ものなり/著聞 18

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

およすけの関連キーワードさくじるおよすく連用形にても著聞

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android