コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落窪物語 おちくぼものがたり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

落窪物語
おちくぼものがたり

平安時代中期の物語。作者未詳。4巻。 10世紀末の成立。『住吉物語』とともに,当時流行した継子物 (→継子話 ) の代表作。世界的に流布するシンデレラ型の継子いじめの話で,継母の虐待に耐えた落窪の姫君が貴公子と結婚して幸福を得,継母は報復されるという筋。先行する『竹取物語』や『宇津保物語』が超現実的伝奇物語であるのに対し,写実的に貴族生活を描いており,通俗であるが『源氏物語』に影響を与えた作品として貴重。源順の作といわれるが明らかでない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おちくぼものがたり【落窪物語】

平安時代の物語。4巻。作者不詳。源氏物語よりもやや早い成立か。中納言忠頼の娘が、継母にいじめられて落窪の間に押し込められるが、左近少将道頼に迎えられ、中納言一家も栄える。継子いじめという陰湿な主題を、客観的叙述により明るくおもしろく描いたところなど、後世の物語に与えた影響は大きい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

落窪物語【おちくぼものがたり】

平安時代の物語。4巻。作者は源順の説もあるが不明。成立は村上〜花山朝の間(946年―986年)と推定される。継母のため落ちくぼんだ一室に虐待されて成長した姫(おちくぼの君)が,やがて救い主(左近の少将)と結ばれて幸福になるという構想。
→関連項目住吉物語

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おちくぼものがたり【落窪物語】

平安朝の継子いじめ物語。4巻。作者不詳。源順(みなもとのしたごう)とする説もある。順が漢文学の素養があり,和歌もよくする下級貴族の男性であることで,作者の条件をみたす一人だと見てよい。書名は女主人公が〈寝殿の放出(はなちいで)の,また一間なる落窪なる所〉に住まわされ,〈落窪の君〉と言われたところからとられた。中納言源忠頼には北の方の実子7人のほかに皇女腹の姫君(落窪の君)があった。落窪の君は継母のおとし入れをこえて,左大将の子の左近の少将と結ばれ,栄華を極めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おちくぼものがたり【落窪物語】

物語。四巻。作者未詳。一〇世紀後半に成立。継母に虐待された落窪の君が、侍女阿漕あこぎの活躍によって左近少将と結ばれて幸福になり、継母は報復される。後世の継子ままこいじめの物語に大きな影響を与えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

落窪物語
おちくぼものがたり

平安時代の物語。4巻。題名は、継母が姫君を寝殿の一段低い部屋に住まわせて落窪の君と呼ばせたことによる。成立時期、作者とも未詳であるが、およそ一条(いちじょう)朝の初期、寛和(かんな)~正暦(しょうりゃく)(985~995)ごろ、男性によって書かれたものと考えられる。
 内容は、継母に虐待される薄幸の姫君が左大将の子息に救われて幸福になるという継子(ままこ)いじめの物語。中納言(ちゅうなごん)には北の方との間に2男4女、亡き王孫の女君との間にも美しい姫君があった。北の方はこの姫君を寝殿の落ち窪んだ部屋に住まわせ、召使い同様の仕打ちをして虐待した。姫君の忠実な侍女阿漕(あこぎ)は左近少将の乳母子帯刀(めのとごたてわき)と恋仲であったので、姫君のことは少将の知るところとなり、やがて少将は阿漕の手引きで姫君と契りを結んだ。継母は姫君を一室に監禁し、好色な老人典薬助(てんやくのすけ)に与えようとしたが、姫君は阿漕の機転で難を免れ、少将に救出される。少将は継母への復讐(ふくしゅう)として、四の君の婿に面白(おもしろ)の駒(こま)という痴者(しれもの)を逢(あ)わせたり、継母一行の清水詣(きよみずもう)でや賀茂祭(かもまつり)の見物を妨害したり、中納言が移ろうとした三条殿を先取りしたりした。その後、中納言は姫君と対面して事の顛末(てんまつ)を知り和解する。少将は中納言のために七十の賀を催したり大納言に推挙したりし、継母にも大納言死後の邸(やしき)を伝領させた。少将はますます栄達し、姫君は3男2女をもうけ幸福を極めた。
 以上の内容から、この物語の構成は、第1部継子いじめと少将の救出、第2部継母への復讐、第3部少将、姫君の栄華と中納言方への心尽くし、という3部に分けられよう。全編に勧善懲悪的な道徳観や一夫一婦の理想性や権力謳歌(おうか)的な性格などがみられるが、しかしこれらは副次的なもので、この作品の主張ではなく、むしろ作者は主観的な思想感情を抑え、冷静な知的態度で即物的に筆を運んでいる。その点、継子いじめという類型的な話型を枠組みとしつつも、叙述は写実的、現実的で、『源氏物語』出現以前の構成の整った王朝家庭小説として、物語史上の価値は少なくない。
 伝本は、九条家旧蔵本など室町期にさかのぼる写本が数本あるが、大部分は江戸期の写本で、共通の祖本から派生したものと認められる。版本には寛政(かんせい)6年(1794)版、上田秋成校の寛政11年(1799)版がある。[中野幸一]
『所弘校注『日本古典全書 落窪物語』(1951・朝日新聞社) ▽松尾聡校注『日本古典文学大系13 落窪物語』(1957・岩波書店) ▽柿本奨校注『落窪物語』(角川文庫) ▽三谷栄一校注『日本古典文学全集10 落窪物語』(1972・小学館) ▽稲賀敬二校注『新潮日本古典集成 落窪物語』(1977・新潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

落窪物語の関連キーワード堤中納言物語風葉和歌集物語文学田中大秀田辺聖子交野少将平安時代苔の衣車争ひ侍女

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android